派遣 時短でいいじゃん、そんなこと思ってたことを反省する

#健康と仕事のバランス:病気と働くこと

私が新卒入社で入ったのは、

曲がりなりにもマスコミ系で、

当時はあの業界はホントに労働基準法の範囲の外に出されていたから、

30時間たて続けで労働したとか、

医師に休みをとったほうがいいよとアドバイスされた人も、休日返上で働きどおしだったりとか。

 

休むとクビ…というだけでなく、

こんなに大変なのに休むやつは…と、人として否定される感じだった。

…って、ブラック自慢や病気自慢の話をしたいのではなくてですね。

 

 

 

 

 

 

 

派遣になってから、

病気になったら休んでも良い会社がある!

っていうのが新鮮だったんです。

 

 

そして、

ガンに罹った人もクビにならない!

え、入院のために休ましてくれるの!?

え、退院したら「できる範囲内で」の仕事させてくれる!?

すっごーーーい!

素敵な会社あるじゃん!

って感動したのです。

 

 

 

実際、派遣先でそういう正社員さんがいらっしゃいましてね。

抗がん剤治療のために入退院を繰り返される方が、

外回り営業だったのをやめて内勤に変更。

これまで20時過ぎまで残業していたけど、これもなくされて18時までには退社。

 

 

 

普通の会社のオフィスワークって、なんて親切なんだ!

 

 

 

 

だから私、

体調悪くした人をみると、

時短、

出来る範囲、

週3日とか…

っていうのをおススメしてた時期あったんです。

無理しないで!

というつもりでした。

励ましているつもりでもありました。

 

 

 

 

でも、そんなのはぜーんぜん、

当事者には気休めにもならん。

だって、

労働時間短縮すれば、収入減るんだもん。

医療費生活費が足りるのか不安

そう、

それ…

……

今の私。

 

 

 

なにもわかってないくせに、

無責任に人様に時短やパート勤務をすすめた罰が当たったんだろうか。

 

 

 

 

いまね、

在宅勤務の仕事、ほんと紹介してもらえなくて、

じゃあ、

出社で働けるかというと…フルタイム週5では無理。

それこそ、

何年か前の自分が人にむかっておススメしてきた時短、パートで週3とかならなんとかできるかもしれない!?

 

 

 

しかし、

それだと収入少なっ!

Excelで計算してみて、泣きそうな今日でした。

 

 

 

私に無責任なこと言われた皆さん、すみませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

#アラフィフ #乳がん #派遣社員

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村に参加しています